ポニョ 全米デビュー!宮崎駿監督、ポニョ誕生秘話を語る




アニメ映画「崖(がけ)の上のポニョ」の全米上映が決定しました。
宮崎駿監督(68)が、カリフォルニア州サンディエゴで開催中である
ハリウッドの有名監督も多数来場する大規模イベントである、
「コミックコンベンション(コミコン)」のイベントに参加して、
宮崎駿監督が登場すると、客席からは拍手がわき起こり、
会場を埋めた約6500人からはあたたかい、
スタンディング・オベーションとなりました。


また、米カリフォルニア州ハリウッドの劇場でも特別上映会が行われ、
宮崎駿監督も出席されています。

ストーリーをどうやって作っていくかという質問に対して、
宮崎監督は・・・

「考えて考えて、ずっと考えることでストーリーを作っていくんです。」

「何かほかにいい方法があれば教えてください(笑)」

宮崎駿映画の製作ドキュメントなど、時々TVで放送がありますが、
そうです・・・本当に、考えて・・・考えて・・・
繰り返し…繰り返し…何度も…何度も・・・。

だからでしょうね、いつも心に響くメッセージがあり、
それは子供も大人も関係なく、それぞれの目線で作品に向き合える、
そこが、宮崎駿映画の人気に秘訣だと私は思っています。


ポニョ、そう、真っ赤な女の子、のアイデアの誕生については
「最初は男の子がブリキのカエルを拾うという物語だったんです。
でもどうやってもカエルがキャラクターにならなかったので・・・
金魚にしたんです。
金魚にしておいて良かったと思っています」と答え、
会場の笑いを誘いました。

真っ赤なポニョ、初めて見た時、「うふふ。。。」って感じでした。
何とも愛くるしい・・・ちょっとふてぶてしかったり・・・、
生意気な表情だったり・・・。
でも、どんどんその魅力にはまる自分がいて・・・、
ポニョの真っ赤さに負けないように、
映画のスクリーンいっぱいがシンプルなのに色鮮やかに描かれていて、
自分も海中にいるような、そんな錯覚さえ感じました。

「海の中って・・・きれいだね。。。」

映画館の中で横に座っていた子どもがつぶやいてました、
それが、宮崎駿映画のすべて・・・ですね。



全米版、ポニョの声を担当したのは、
ノア・サイラス、
ノアは米人気アイドル、マイリー・サイラスの妹です。
宗介役がフランキー・ジョナス、この2人の脇を固めるのは、
マット・デイモン、
ケイト・ブランシェット、
リーアム・ニーソン、
ティナ・フェイ、ベ
ティ・ホワイト

どうですか、配給元の米ウォルト・ディズニーの力の入れようがうかがえる
豪華キャスティングです。

宮崎監督の前作「ハウルの動く城」(2004年公開)ですが、
作品への評価は世界的に高く、また、
米国版でのハウル役の声優はクリスチャン・ベールという話題性もあったものの、
上映館数が少なかったことが影響したのでしょうか、
米国の興行成績はもうひとつ振るいませんでした。

今回は、これまでで最高の規模の上映になるそうですし、
「ポニョ」がアメリカ人観客にどのように受け入れられるか・・・
今から公開が楽しみですね。

『崖の上のポニョ』は、8月14日にアメリカで公開予定。



2008年に劇場公開されて、国内興行収入が155億円を超える大ヒットを記録した
「崖の上のポニョ」
今年7月にはDVD化、12月にはBlu-ray化されるなど、いまなお注目度が高い作品です。

先日、お祭りで金魚すくいを終えて、手に金魚をさげている幼い子供たちが
「ポニョ ポニョ ポニョ・・・♪」と大合唱でした。

子どもたちの心にも深く刻まれている作品といえるでしょう。


手塚治虫「鉄腕アトム」が「ATOM」で逆輸入、上戸彩 日本語版声優抜擢!



手塚治虫の代表作、名作漫画でもある「鉄腕アトム」が、
生まれた国、日本を飛び出して海を渡って、
フルCG技術を駆使し、新しく生まれ変わり映画化された『ATOM』の、
日本語吹き替え版キャストが発表されました。
主人公アトムの声を上戸彩、そして、
アトムの父・テンマ博士の声を役所広司が務めるそうです。
これまでに放映されたTVアニメシリーズでは、
アトムの声を清水マリ、津村まことが演じていて、
上戸彩は3代目のアトムとなります。


アメリカ版では、主人公アトムの声を
『チャーリーとチョコレート工場』の
フレディ・ハイモアが、
テンマ博士をニコラス・ケイジなどの
豪華なラインナップも発表されました。

日本語版吹き替えキャストの選考に際し、
「演技力があり、日本を代表する元気なキャラクターに合う役者」ということで、
アトム役に上戸彩を選出されたそうです。
上戸彩は「たくさんの方に愛されているアトムのイメージを壊さないように頑張ります!」と、
また、テンマ博士役の役所広司は、
「子どもの頃、テレビで『鉄腕アトム』を見ていましたし、
初めて描いたマンガもアトム」自分自身の原作への思い入れを語った上で、
「この映画に描かれている血のつながりや人種など関係なく
相手を思いやる気持ちがあれば親子にも友人にもなれるという部分に魅力を感じました」と
「鉄腕アトム」の奥深さもコメントしました。


『ATOM』のビジュアル画像も、少しずつその姿を現して来ました。、
体にコードを巻きつけて吊るされて、
影に隠れて表情の見えなかったアトムから、
目をつぶったままとは言え、顔立ちがはっきりとお目見えしました!


『ATOM』の公式サイトでは、7月13日(月)より公開に先駆けて、
眠ったままの「ATOM」を呼び起こすという、
「10万馬力キャンペーン」がスタート!

1クリック!しましたか?

サイト画面の中央で吊るされ眠ったままのATOMに、
1クリックにつき1馬力のエネルギーを注入できる仕組みです。
「10万馬力だ、鉄腕アトム〜♪」という、あの主題歌の歌詞の通りです!
スタートしてからみるみるうちにアクセスが集中、
あっという間に10万をはるかに超える馬力に達成するほど、
アトムへの関心と注目度、そして、人気を感じますね。

7月22日(水)・・・ATOMは目を覚まして・・・
何らかの変化を見せる・・・。
果たしてどのような姿を見せてくれるのか――
是非、公式サイトをご覧くださいね!

1クリック・・・で元気1馬力、あげれるのならば・・・
10万でも100万クリックでも・・・
実際に叶えられたら・・・いいのにね。


♪空をこえて ラララ 星のかなた
 ゆくぞ アトム ジェットの限り
 心やさし ラララ 科学の子
 十万馬力だ 鉄腕アトム♪

子どものころ、この歌を歌いながら
「優しいということは強いってこと」と感じたものです。
今でも私の中で、大切な言葉のひとつになっています。



人間とロボットとが共存する空中都市メトロシティを舞台に、
愛する息子を失い悲しみに暮れるテンマ博士の手によってよみがえるも、
博士によって捨てられてしまったロボット
“アトム”の冒険を描く、映画『ATOM』


『ATOM』
10月10日(土)より全国ロードショー


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。