最も稼いだハリウッド女優トップ10発表…NO.1は26億円の・・・




米経済誌「フォーブス」が、毎年恒例である
「最も稼いだハリウッド女優トップ10」を発表、

2008年6月から2009年6月の1年間が対象期間で、
1位には2,700万ドルを稼いだアンジェリーナ・ジョリー(34歳)が輝きました。

同じくフォーブスが発表した、
「最も影響力のあるパワフルなセレブランキング」でも1位を獲得して、
ほぼメディアには出ずっぱりの状態の注目度NO.1ですね。

『ウォンテッド』『チェンジリング』と2本の主演映画も公開され、
特に世界中の大ヒット作品となった『ウォンテッド』の興収、
プラス、春から撮影の始まった
新作『Salt』(原題)の出演料の前払い分などから試算され・・・、
日本円換算だと・・・約26億円です!

女優以外の、寄付活動など本業以外でも忙しくしていて、
興味は専ら芸能活動以外にあるのでは・・・、ともささやかれており、
そうしたこともあってか、最近では政界転向も一部の情報もあったり、
プライベートでは夫のブラピとの別居を報じられてます。


2位は皮肉にもブラピの前妻ジェニファー・アニストン(40歳)。
その名を知らしめた連続TVドラマ「フレンズ」からの印税収入や、
主演作『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』のヒット、
CM出演料などで2,500万ドル(約24億円)でした。


3位はメリル・ストリープ(60歳)で2,400万ドル
『マンマ・ミーア!』が大ヒットしましたし、
『ダウト −あるカトリック学校で−』で
オスカー主演女優賞候補にもなりましたよね。

4位は映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』の
サラ・ジェシカ・パーカー(47歳)は2,300万ドル

5位はキャメロン・ディアス(36歳)の2,000万ドル

6位は同額で、サンドラ・ブロック(44歳)と
リース・ウィザースプーン(33歳)が、1,500万ドル

8位も同額で、ニコール・キッドマン(42歳)と
ドリュー・バリモア(34歳)で、1,200万ドル

10位はレニー・ゼルウィガー(40歳)の1,000万ドル)



ちなみに、先に発表された
「最も稼いだ男優トップ10」によると
1位のハリソン・フォードが稼いだ額は6,500万ドル

2位は5,490万ドルのアダム・サンドラー

3位は昨年1位だったウィル・スミスで、4,500万ドルの収入

5位に並んだのは、エディ・マーフィとニコラス・ケイジで約4,000万ドル

6位はトム・ハンクス

7位はトム・クルーズ

8位はジム・キャリー

9位はブラッド・ピット

10位は昨年2位のジョニー・デップがランクインしましたが・・・。

10位のジョニー・デップの金額が、
女優1位のアンジーと同じ2,700万ドル。

・・・ということは、
ハリウッドでの男性優位は、まだまだ続きそうな感じですね。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。