勝野洋、キャシー中島夫妻の長女肺がんで29歳死去



「2009よい夫婦の日 ナイス・カップル大賞」を受賞した
俳優の勝野洋(59)とタレントのキャシー中島(57)夫妻の長女である
勝野七奈美(かつの・ななみ)さんが、
肺がんのため都内の病院で7日午前0時20分、
29歳の若さで死去されました。

昨年11月に愛知・熱田神宮で同い年のヒップホップダンサー(29)と
挙式・披露宴を行い、結婚したその3カ月後、
せきが止まらないということで体調の異変に気付き、
「まさか肺炎・・・?」と思い病院で検診したところ、
肺がんと診断されて闘病生活を送っていました。

手術はせずに、抗がん剤と放射線治療、
民間療法も試しながら
入退院を繰り返していたそうです。

知人の話によると、一時は
「病室で元気よくストレッチをするほど経過良好だった」そうですが、
6月に入ってから食事の量が減ってきて、家族も心配しており、
そんな中でも体調は安定していたそうですが、
亡くなる前日の6日になって容体が急変して、
勝野洋とキャシー中島夫妻、ダンサーである夫、
弟で俳優の洋輔(25)にみとられながら、静かに息を引き取りました。
妹の女優である雅奈恵(27)は、体調が急変した6日に
フラダンサーとしての仕事のためにタヒチに出発しており、
立ち会えなかったそうです。


ご遺体は、亡くなった当日に、病院から東京・世田谷区の自宅に戻り、
勝野洋とキャシー中島夫妻は、七奈美さんの顔を見つめ、
寄り添ったまま動くこともできずに、悲しみに暮れているとか。


美男美女の両親から目鼻立ちのはっきりした美ぼうを受け継いだ
七奈美さん、
97年に妹の雅奈恵(かなえ)とのペア写真集を発売、
98年にタレントデビューして、
NANAMIの名でモデルとして活躍。
最近はジュエリーデザイナーとしてマルチな才能を発揮していた。

 通夜、葬儀については、親族のみで執り行う意向。
事務所は勝野夫妻について
「しばらくの間は取材に対応できる状態ではないです」とのこと。



勝野洋は今年、芸能生活35周年。
記念舞台「勝野洋特別公演 新撰組情話京都・雨月の恋」が
公演されていた2月に、病気が発覚、闘病生活が始まっていたようですね。
この舞台では、次女の雅奈恵、長男の洋輔とも舞台初共演、
キャシー中島も「夫に近藤勇を演じさせたい」と企画に協力するなど、
何とも仲の良い、そして家族力のあるファミリーなんだろう・・・って
思っていたんです。

そんな中、一方ではもうひとつの家族力、家族愛があっただなんて・・・。


ご冥福をお祈り申し上げます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。