ウルフルズ 無期限活動休止「フリーライブで吹っ切る」



「ガッツだぜ!!」
「バンザイ〜好きでよかった〜」などの、数々のヒット曲を飛ばした、
4人組ロックバンド・ウルフルズが、
公式サイト上で無期限の活動休止することを発表しました。
 
 
ウルフルズのボーカル・トータス松本のブログ
「日々、トータス」を、活動休止発表後に更新して、
ウルフルズ活動休止を受けた、現在の心境を綴っています。


エントリーのタイトルは「今思うこと」


「ウルフルズ、活動休止。
 おれの中で、確実にひとつの時代が終わる。
 そしてまた始まる。」

「おれの人生の今は何章目ぐらいだろう。」

「とにかく笑えれば。
 それでも笑えれば。
 信じていればええねん。」

「精いっぱい大人ぶって、
 背伸びして書いた自分の曲たちが、
 ようやく今の自分に追いついてきた。

 あるいはその逆か。」

 「なんでもいい。
 とにかく自分たちが歌ってきたことに恥じないように、
 しっかりと前を向いて頑張っていこうとかと思う。

 月並みやなぁ。ホント普通。
 でもそれしかないよ、どう考えても。」


「明日のライブで、完全に吹っ切るぞ。」

「夢を見続けたいなら、
 やらなければならない事が山ほどある。
 どんなに時間がかかっても、次の自分を待っていてくれるのは、
 他でもない自分自身なのだ。」

・・・と締めくくったトータス松本ですが、
今の素直な気持ち・・・
すごく伝わってきますよね。

そ・し・て、一体どんな“次”を
私たちに見せてくれるのでしょうか。




『ウルフルズ』


1988年、バイト仲間、観客の勧誘などを経て結成
トータス松本(ボーカル、ギター)
ウルフルケイスケ(ボーカル、ギター)
ジョン・B・チョッパー(ベース、コーラス)
サンコンJr.(ドラム、コーラス)
バンド名の由来は、お気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった
「ソウルフル」が「ウルフル」と読めたとか。。。

1990年、東京で初ライブ
1992年、5月13日、東芝EMIよりシングル『やぶれかぶれ』でデビュー
    6月17日ファーストアルバム『爆発オンパレード』リリース

彼らを世に知らしめたのは・・・
1996年、6枚目シングル『ガッツだぜ!!』
    7枚目のシングル『〜』
この2曲ではないでしょうか。

1999年、ベーシストのジョン・B・チョッパーが脱退し3人編成へ
     
2001年、『明日があるさ』をリリース、
    吉本興業オールスターズとのコラボで、注目され、また、
    CMでも流れていたので、幅広い層に親しまれた楽曲ですね。

2002年『ウルフルズ10周年5時間ライブ!! 〜50曲ぐらい歌います〜』には、
    脱退したジョン・B・チョッパーが出演。

2003年6月1日、日比谷野外音楽堂にて行われたフリーライブで、
    ジョン・B・チョッパー正式に復帰し、再び4人編成となりました。



・・・そんな彼らが、決めた結論・・・無期限活動休止。



「大切なお知らせ」

として発表されたウルフルズのコメントです・・・


 1988年の結成から、21年間活動してきましたウルフルズですが
8月29日・30日、大阪にて開催のウルフルズ夏の野外コンサート「ヤッサ!」をもちまして、
活動を休止する事となりましたので、ご報告致します・・・・・


 ウルフルズがこれまで活動してこられたのも、
いままで応援してくださった方々の
熱いご支援があったからこそ・・・・

 今回、活動休止に至るまでに、
メンバー同士で何度も何度も話し合い・・・・

・・・前向きな思いで活動休止を決断致しました。
皆様へは、突然の発表となり・・・どうかご理解頂ければと思います。

 
 これまでウルフルズを応援してくださった皆様には、
重ねてお礼を申し上げます。

 2009年7月吉日

 ウルフルズメンバー・スタッフ一同


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。