キムタク『MR.BRAIN』最終回視聴率 初回より↓の20.7%



木村拓哉主演、綾瀬はるか、水嶋ヒロらの共演者の豪華さ、そして
毎回登場するゲスト出演者も話題を呼んだ、
連続ドラマ『MR.BRAIN』(TBS系)の最終回が
11日に放送されました。

5月23日初回は、現代劇初出演となる歌舞伎俳優の
市川海老蔵さんがゲスト出演して、視聴率は24.8%。

2話目5月31日は、Gacktや小雪のゲスト出演で、22.0%、
初回、より連続で20%台をキープ、さすが、
視聴率男・・・と思いきや・・・。

6月6日放送の3話目、KAT−TUNの亀梨和也がゲスト出演することで、
放送前より話題になっていましたが、16.3%ということで、
3話目で初の20%割れとなりました。

4話目21%、5話目18.5%、6話目18.9%・・・と
キムタクにしみてみたら、ちょっと厳しい状況であったようですが・・・。

ビデオリサーチの調べで最終回視聴率は20.7%(関東地区 番組平均)と
発表されました。

まぁ・・・今回今のもドラマも、合格、ってところでしょうか。



これまでに検事、ピアニスト、実業家、総理大臣、……と、
キムタクは様々な職業を演じて高視聴率を獲得してきましたが、
どのドラマにもいえる事だと思うのですが、
最終回にむけてどんどん↑↑の視聴率だったような・・・。
それはストーリーがだんだん盛り上がる・・・ということとも
関係するかと思いますが、
今回のように、毎回、毎回解決ストーリーの場合は、
やはり、その内容が大きく影響するのでは・・・と感じました。
「キムタクだから、とにかく観る!」ってファンだけでは
視聴率はとれない、ってことです。
推理ドラマである以上、トリックや、謎解きとが重要となるわけで、
「パターン化」を感じてしまったら、面白くないのですよね・・・。

「面白い、気になるから観る!」・・・という回と、
「・・・今日は観なくていいかなっ」と感じら回とかはっきりしてました。


9月30日には早くも『MR.BRAIN』DVDが発売されることも決定してます。
DVDには未公開シーン、新たに追加したディレクターズカットが
収録されるとのことです。



2009年も上半期終了!、色んなドラマとの出会いがありましたが、
上半期ドラマ視聴率ランキングもご紹介しますね。

1位 天地人 26.0%
2位 MR.BRAIN 24.8%
3位 コード・ブルードクターヘリ緊急救急新春SP 23.1%
4位 相棒 21.7%
5位 刑事一代・平塚八兵衛の昭和事件史 21.6 %
6位 BOSS 21.7%
7位 連続ドラマ小説・だんだん 18.7%
8位 アイシテル・海容 18.6% 
8位 黒部の太陽・後編 18.6% 
8位 必殺仕事人2009新春SP 18.6% 

・・・こうみると、キムタクは第2位。
決して恥ずかしい記録でもないですよね、立派なものです。

木村拓哉ゆえに、合格ラインが「20%」と何となく
世間の線引きがあったり・・・、
確かに期待してしまうのも事実ですね。

これからも、視聴率は気にせずに、色んな役に挑戦して頂き、
素敵な年齢のの重ね方のお手本となって欲しいものです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。