ポニョ 全米デビュー!宮崎駿監督、ポニョ誕生秘話を語る




アニメ映画「崖(がけ)の上のポニョ」の全米上映が決定しました。
宮崎駿監督(68)が、カリフォルニア州サンディエゴで開催中である
ハリウッドの有名監督も多数来場する大規模イベントである、
「コミックコンベンション(コミコン)」のイベントに参加して、
宮崎駿監督が登場すると、客席からは拍手がわき起こり、
会場を埋めた約6500人からはあたたかい、
スタンディング・オベーションとなりました。


また、米カリフォルニア州ハリウッドの劇場でも特別上映会が行われ、
宮崎駿監督も出席されています。

ストーリーをどうやって作っていくかという質問に対して、
宮崎監督は・・・

「考えて考えて、ずっと考えることでストーリーを作っていくんです。」

「何かほかにいい方法があれば教えてください(笑)」

宮崎駿映画の製作ドキュメントなど、時々TVで放送がありますが、
そうです・・・本当に、考えて・・・考えて・・・
繰り返し…繰り返し…何度も…何度も・・・。

だからでしょうね、いつも心に響くメッセージがあり、
それは子供も大人も関係なく、それぞれの目線で作品に向き合える、
そこが、宮崎駿映画の人気に秘訣だと私は思っています。


ポニョ、そう、真っ赤な女の子、のアイデアの誕生については
「最初は男の子がブリキのカエルを拾うという物語だったんです。
でもどうやってもカエルがキャラクターにならなかったので・・・
金魚にしたんです。
金魚にしておいて良かったと思っています」と答え、
会場の笑いを誘いました。

真っ赤なポニョ、初めて見た時、「うふふ。。。」って感じでした。
何とも愛くるしい・・・ちょっとふてぶてしかったり・・・、
生意気な表情だったり・・・。
でも、どんどんその魅力にはまる自分がいて・・・、
ポニョの真っ赤さに負けないように、
映画のスクリーンいっぱいがシンプルなのに色鮮やかに描かれていて、
自分も海中にいるような、そんな錯覚さえ感じました。

「海の中って・・・きれいだね。。。」

映画館の中で横に座っていた子どもがつぶやいてました、
それが、宮崎駿映画のすべて・・・ですね。



全米版、ポニョの声を担当したのは、
ノア・サイラス、
ノアは米人気アイドル、マイリー・サイラスの妹です。
宗介役がフランキー・ジョナス、この2人の脇を固めるのは、
マット・デイモン、
ケイト・ブランシェット、
リーアム・ニーソン、
ティナ・フェイ、ベ
ティ・ホワイト

どうですか、配給元の米ウォルト・ディズニーの力の入れようがうかがえる
豪華キャスティングです。

宮崎監督の前作「ハウルの動く城」(2004年公開)ですが、
作品への評価は世界的に高く、また、
米国版でのハウル役の声優はクリスチャン・ベールという話題性もあったものの、
上映館数が少なかったことが影響したのでしょうか、
米国の興行成績はもうひとつ振るいませんでした。

今回は、これまでで最高の規模の上映になるそうですし、
「ポニョ」がアメリカ人観客にどのように受け入れられるか・・・
今から公開が楽しみですね。

『崖の上のポニョ』は、8月14日にアメリカで公開予定。



2008年に劇場公開されて、国内興行収入が155億円を超える大ヒットを記録した
「崖の上のポニョ」
今年7月にはDVD化、12月にはBlu-ray化されるなど、いまなお注目度が高い作品です。

先日、お祭りで金魚すくいを終えて、手に金魚をさげている幼い子供たちが
「ポニョ ポニョ ポニョ・・・♪」と大合唱でした。

子どもたちの心にも深く刻まれている作品といえるでしょう。


『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』快進撃!




映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(総監督・庵野秀明)が、
27日に封切られましたが、初日2日間での動員数が約35万5000人、
興行収入は5億1200万円を記録し、
今週末の全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)で1位を獲得しました。

先週まで1位だった
『ROOKIES−卒業−』を追い越しでの1位獲得ですが、
2位につけた『ROOKIES−卒業−』は公開5週目で
428スクリーンで上映されているのに対して、
『ヱヴァゲリヲン』は120スクリーンでの公開、
比べるとその規模は3分の1以下程ですが、
限られた上映劇場に待ちに待ったヱヴァファンが殺到して
フィーバーしまくった感が、数字からもうかがえますね。


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は、
1995年から1996年にテレビ放送され、
大ブームを起こした人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をリメークした、
劇場版シリーズ全4部作のうちの第2部です。

主人公・碇シンジやヒロインの綾波レイ達14歳の少年少女が
巨大ロボット「エヴァンゲリオン」のパイロットとして、
謎の生命体「使徒」との過酷な戦いに挑む姿を描いたアニメです。

2007年に公開された第1部『同:序』は、
約80スクリーンでの公開ながら興行収入20億円、
DVDは60万枚を売り上げ、根強い人気は今もかわりませんね。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は、
ヒロインの一人である「惣流・アスカ・ラングレー」の
名前が「式波・アスカ・ラングレー」に変更されたり、
人気声優の坂本真綾さんが演じている
新ヒロイン「真希波・マリ・イラストリアス」が加わる・・・など、
一部発表されていましたが、ストーリーについては
ほとんど明かされていなかったので、
ファンの中では期待も込めて相当注目が集まっていました。


メイン館の東京・新宿の新宿ミラノ座では、
早朝に関わらず熱心なファン約800人が列を作り、
午前8時から上映されましたが、深夜から並んでいたとか・・・。

同劇場前のシネシティ広場では「第3新歌舞伎町宣言」と題した
公開記念イベントが初日より2日間に渡って開催され、
大勢のファンでにぎわいましたが、
何って驚くのはコスプレ姿のファンが多く列をなしたことですね!

綾波レイのコスプレをした東京都江東区の20代女性は、
午前2時ごろから列に並んだそうで、
「新ヒロインのマリがどんな活躍を見せてくれるのか気になります」・・・

また、

渚カヲルのコスプレで登場の東京都杉並区の20代会社員は
「8人全員でカヲル君のコスプレをしました。ファンにとっては
お祭りのようなものなので、みんなで楽しみたい」と
うれしそうに笑顔を見せてました。



テーマ曲にも注目は集まっています。
宇多田ヒカルが今回も担当するという情報以外、
謎のベールに包まれていた「掟」テーマ曲ですが、
映画公開日正午をもってその情報が解禁されて、姿が見えてきました。

「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」

前作である1部目『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のテーマソングでもあった
「Beautiful World」のリミックス・バージョンです。
(アルバム『HEART STATION』収録)
アコースティックなアプローチによって、
劇場版画像と楽曲の持つ世界観が重なり合う事で新たな彩りを加えてくれます。

情報解禁と同時に着うた(R)、着うたフル(R)、RBT、PC配信もスタートしました。
(一部サイトでは6月28日午前0時から配信スタート)
ダウンロード特典としては、
着うた(R)・RBTでは、
“「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」ティーザビジュアル待ち受け”、
着うたフル(R)では、
“「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」ポスタービジュアル待ち受け”を実施中です。

ファンならずとも、音楽も画面も「ヱヴァ:破」仕様で楽しみませんか!


公開2週目に向けてでしょうか、7月3日(金)に
日本テレビの金曜ロードショーで前作である『同:序 TV版』の放送が決まっていて、、
初の地上波ゴールデンタイム進出でブームも加速、
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」もまだまだ集客間違いなしですね!


仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦




平成ライダーの中でも一番の人気者の電王、そして、
現在TV放送中のディケイドの両者が出演する、
「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド 
NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」の
完成披露試写会が都内で行われ、
主演の桜田通、秋山莉奈、石丸謙二郎、
ゲスト出演の南明奈、沢木ルカ、柳沢慎吾、篠井英介らが
舞台あいさつに登場しました。


『仮面ライダー電王』は、平成ライダー史上初めて
3度映画化された大人気作、もちろん、シリーズ最多の映画数です。

2007年8月7日 劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!

2008年4月12日 劇場版 仮面ライダー電王&
キバ クライマックス刑事<デカ>

2008年10月4日 劇場版 さらば仮面ライダー電王
ファイナル・カウントダウン

3作目で完結と思いきや、
新作を求めるファンの声が多く、新たに“超・電王”として復活!!!
テレビで放送中の『仮面ライダーディケイド』と共演も・・・、
電王ファンとしては、涙がです・・嬉しいです!!!


「平成ライダーなんて・・・」と、ちょっと、毛嫌いしていましたが、
仮面ライダー電王、2年前にど〜っぷりとはまりました(笑)

モモタロス、キンタロス、ウラタロス、の存在が
電王のとりこ・・・にさせてくれたのかも。
笑いながら仮面ライダーを見れるなんて・・・と、
創造以上の斬新なセッティングに初回のTV放送から
電王ファンになった人も多いのでは・・・。
「オレ、参上!」の変身セリフもしびれますぅーーー!


ホントは・・・「仮面ライダーはやっぱ、V3!!!」派だった私。

V3の意味、ご存知ですか?
勝利=Victory)を意味する「V」とライダー3号としての「3」をあわせて
仮面ライダーV3 と命名されたのですよ!

仮面ライダー1号である本郷猛の後輩風見は、
オートレーサーを目指していた・・・というセッティング、
そして何よりもV3がまたがるV3の専用オートバイ、
「ハリケーン 」に、子どもながらに魅了されてしまって・・・。
風見が常用するオートバイが、
V3への変身に伴って高性能オートバイに変形するんです!
撮影用のベースマシンはスズキハスラーTS-250IIIを使用。
きっと、この頃から、バイクは好きだったのかもな・・・。

だから「電車に乗った仮面ライダー???」と、若干、
怒りに近い感情を頂いたまま第一回の放送をみたわけですが・・・、
「電王、おもろすぎ!」この一言ですね!


TVキャスティングとはまた違った、劇場版ですが、
そこをまた楽しめれば・・・と思います!


あぁ・・・、ディケイドについてですが・・・、
毎週日曜朝TV放送中です!!!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。