ペ・ヨンジュン ファンとの交流会で9月来日決定!




韓流スターの“ヨン様”こと、ペ・ヨンジュン36)の
所属事務所「BOF」によると、
韓流ブームを起こしたペ・ヨンジュン主演の人気ドラマ
「冬のソナタ」のアニメーション版と、
自身の著書の宣伝のために、
9月29、30の両日、東京ドーム(東京都文京区)で
ペ・ヨンジュンとファンとの交流イベントが
開催される事が決定となったようです。

事務所が現在、発表した内容によると、
29日は「冬のソナタ」アニメ版に関するイベントが開催されて、
ヒロインの声でも出演している女優のチェ・ジウ(34)も登場とのこと。

30日は、ペ・ヨンジュンの著書で、
韓国の伝統文化や観光地を紹介した
「韓国の美(仮題)」の出版記念イベントが行われます。
ペ・ヨンジュン自身が、約1年間かけて韓国内を周り、
自ら写真を撮影してインタビューした内容をまとめたものだそうです。



また、当日に直接会場に来られないファンのため、
日本各地の映画館と衛星生中継で結ぶ、
パブリック・ビューイングも開催されますが、
東京ドームの集客数が4万人強であることから、
2日間で約9万人のファンがドームに集結し、プラスして
パブリック・ビューイングとの総参加者を合わせると、
2日間で約10万人のもファンらがイベントに参加する予定となります。


ペ・ヨンジュンが日本でファンとの交流イベントを開催するのは、
昨年6月、主演した韓国ドラマ「太王四神記」の
宣伝のために訪日以来、1年3カ月ぶりとなります。


日本での人気も韓流ブーム以降も不動のものですが、
日本国内で色んな活動をされています。
ペ・ヨンジュンがプロデュースするお弁当…御存知ですか?
韓国伝統料理弁当、第3弾が日本で発売されます。

セブンイレブンとデジタルコンテンツ企業であるデジタルアドベンチャーは、
ペ・ヨンジュンが企画した、韓国伝統料理店「高矢禮(ゴシレ)」と
セブンイレブンが共同開発した、
夏期限定「高矢禮弁当」を発売するそうです。

価格は第1弾、第2弾と同じ2500円。

・・・(笑)高値・・・(汗)

6月26日より日本全国のセブンイレブン店舗と
インターネットで予約を受け付け開始して、
7月24〜26日の3日限定の受取で販売するそうです。


今回の第3弾は、昨年6月に発売した第1弾、そして、
クリスマスにあわせて発売された第2弾、共に、
ペ・ヨンジュンが高句麗をテーマにプロデュースしたものですが、
その中から評判が良かったメニューを集め、プラス、
新たに3品を加えたものだそうです。

 また弁当とは別商品として、高矢禮が監修した
ビビンバとプルコギおにぎりがセブンイレブンで
今月30日より発売されます。



いやいや・・・、
今は誰が誰だかわからなくなるほどの
韓流スターが大勢おられますが・・・、
日本で老若男女に知られているスターは、

ペ・ヨンジュン

あなただと思います。





韓流ドラマ レンタルランキング!



音楽・映像ソフトのレンタル最大手のTSUTAYAが発行した
「Love韓流bookランキングカタログ」に、
2006〜2008年の3年間で最もたくさんレンタルされた
韓流ドラマベスト100が発表されました。
 
1位「私の名前はキム・サムスン」
2位「冬のソナタ」
3位「宮〜Love in Palace」
4位「宮廷女官 チャングムの誓い」
5位「朱蒙」


いかがですか?
あなたのお好みの韓流ドラマ、ランクインされてますか?

韓流ドラマの王道、純愛ラブストーリー・・・よりも、
ラブコメ、そうラブコメディーがお好みの私としては、
おすすめNO.1は、やっぱり
「私の名前はキム・サムスン」ですね!!!

ちょっと太めの不細工な女性役キム・ソナが、
めっちゃかっこいいヒョンビンに恋するんだけど、
ヒョンビンもいつの間にかキム・ソナに恋してて、
そんな自分を認められない・・・
いろんな恋の駆け引きが面白く楽しめます。

それにしても・・・
「え、キム・ソナ?」と思うくらいのぽっちゃりで・・・、
役作りのために6キロ増量したそうです・・・。
女優魂だね・・・。

最後はキム・ソナが病弱な元カノの為に諦めようとするんだけど、
ヒョンビンの強い押しがすっごい素敵でね・・・
ハッピーエンド!
このドラマらしく、無理のないハッピーエンドって感じです。

でも・・・この終わり方ってね・・・
続編みたい〜〜??って
期待しちゃうのは私だけ?かしら・・・。

TSUTAYAは、韓流ドラマのレンタルを開始した2004年には
ごくわずかな一部の作品を紹介するだけでしたが、
韓流人気が高まるにつれ次第に本数を増やしたそうです。

 年度別のレンタル回数1位は、
2004年「冬のソナタ」
2005年「天国の階段」
2006年「宮廷女官 チャングムの誓い」
2007年「私の名前はキム・サムスン」
2008年「コーヒープリンス1号店」


やっぱ、純愛ストーリーはずせませんね。
「冬のソナタ」
「天国の階段」・・・
涙なしでは見れない純愛ストーリーです。

涙・・・といえば、涙の女王 チェ・ジウも
両方の作品に出演してます。

涙なしでは見れない純愛ストーリー。

何度となく引き裂かれる2人だけれど、
そのあまりにも一途な愛情と、
お互いを思いやる気持ちで・・・
惹かれ合い続けて、
その愛は、断ち切ることさえ出来ない・・・
奇跡のような力を持った愛であった。。。

とにかくクォン・サンウの相手を思う
一途な愛がすごく素敵。

何故か・・・、
その時だけはクォン・サンウがかっこよく見えるんだなぁ〜




PR.SR400 燃費
   ラパルレ 男
   JOMOカードプラス ポイント

チュ・ジフン 映画「アンティーク」&「キッチン」2か月連続2本公開!

日本でも人気がある韓流ドラマ「宮〜Love in Palace」や「魔王」で、
一躍脚光を浴びてファンも急増した韓国若きスター、
チュ・ジフン。

4月、5月と2カ月連続で、2本の映画が公開されるということで、
注目されています!




4月18日(土)公開の『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店』は、
よしながふみの大ヒットコミック170万部のセールスを
記録している「西洋骨董洋菓子店」。

2001年にTVドラマ化され、昨年にはアニメ化、
翻訳出版されてロマンスコミックは
韓国内売り上げNo.1を記録しており、今回
『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』として映画化、
チュ・ジフンは陽気なオーナーを演じてます。


2本目、5月30日(土)公開の『キッチン〜3人のレシピ〜』、
一軒の家で同居する一組の夫婦とチュ・ジフン演じる一人の男性、
この3人の奇妙な関係の中で
揺れ動く感情や愛する気持ちをとても繊細なタッチで描き上げた、
切なく、そして愛おしい愛の物語、
禁断の三角関係を描かれた作品です。

3月30日は、『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店』のジャパン・プレミアには
主演のチュ・ジフンとミン・ギュドン監督が来日して出席し、
翌日の31日には、『キッチン〜3人のレシピ〜』主演のチュ・ジフンと
監督を務めた女流作家、ホン・ジヨンが記者会見に出席するという、
来日したホン・ジヨンは大忙しのスケジュールだったようです。


『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店』のジャパン・プレミアには
2000人を超えるファンが会場を埋め尽くし
悲鳴のような歓声と拍手で大盛況。

パティシエの鎧塚俊彦が、劇中にも出てくるケーキのひとつ、
ガトーオペラと共にゲストとして登場。

監督は鎧塚さんお手製のケーキを大喜びでほおばりましたが、、
劇中の設定では「甘いもの嫌い」を演じたチュ・ジフンは
この場でのケーキはおあずけ! 

寂しそうな表情を浮かべ
泣く泣くケーキを見送った…チュ・ジフン。

撮影現場ではケーキを食べる機会はたっぷりとあったようで、
「撮影でクタクタになっても、
ガトーショコラを一口食べれば・・・元気に!」と
撮影現場での秘話も教えてくれました。


『キッチン〜3人のレシピ〜』では、
どこか小悪魔的だが、愛に…気持ちのまま正直に生きる
男性・ドゥレを演じたチュ・ジフン。

「若い頃は、今よりも感情表現がストレートだった部分や、
日常の中にいろんな幸せを見つけられるところは、
自分と似ていると思います」と
自分自身の感性と映画との共感部分を
記者会見で明かしてくれました。

甘い新婚生活を送っている天真爛漫で純粋無垢な奥様のモレ役は
『美しき日々』『甘い人生』『サッド・ムービー』など
話題の映画、ドラマ主演のシン・ミナ。
年上の旦那様・サンイン役は、『女は男の未来だ』『JSA』の
実力派俳優、キム・テウが演じている。


韓国ドラマ映画・・・といえば、
大げさすぎるほどの情感な展開・・・
そうです、よく怒り、よく泣き、よく恋に落ちる…

そして、悪役が必要不可欠!

あり得ない設定と解りやすいお決まりの展開ばかりでしたが、
最近のものはコメディやら、
びっくりするほどコミカルだったり・・・と、
型にはまったストーリー展開ではない楽しいのも多いので、
それがきっかけで
韓流ドラマ映画のファンも増えているよう思いますね。

でも、やはり・・・韓国映画ドラマにはまる理由は・・・
男優さんの涙とか…
ストレートな愛情表現だとか…
感情の部分にグッと迫りくる迫力だとか…
くらくらするような甘いささやきだとか…
魅惑の肉体美だとか…

そこが、たまりませんわぁーーー!
現実逃避、ありえない韓流ワールドにどっぷり・・・でっす!



『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』は
4月18日(土)より恵比寿ガーデンシネマ、シネカノン有楽町1丁目、
月25日(土)より梅田ガーデンシネマ 他、全国にて順次公開。

『キッチン〜3人のレシピ〜』は
5月30日(土)よりシネカノン有楽町2丁目、新宿武蔵野館
ヒューマントラストシネマ文化村通り、他、全国にて順次公開。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。